老眼の悩み改善!医師にチェックしてもらい治療を受けよう

スマホ画面の見すぎに注意

定期的に視力検査を

男の人

誰でも40代後半になると老眼の症状が現れはじめ、近くのものが見えにくくなってきます。しかし最近では、もっと若い人にも老眼に似た症状が現れる場合があります。これはスマホ老眼と呼ばれ、口コミで話題になることも多い症状です。スマホ老眼は加齢のせいではなく、目を酷使しすぎることが原因と考えられます。一日中スマホの細かい画面を見つめていると、目を動かす毛様体筋が固まってしまい、うまくピントの調節ができなくなってしまいます。スマホ老眼は筋肉の疲労によって起こるため、目を十分に休ませれば症状を解消することができます。しかし知らずに放置していると悪化する恐れもあるので注意が必要です。自分がスマホ老眼かどうか、定期的にチェックしてみることが大切です。1日に何時間もスマホの画面を見つめている方は、遠くのものと近くのものを交互に見て、すぐにピントが合うかどうかをチェックしてみましょう。また目の疲れや充血を感じるかどうかも、チェックポイントのひとつになります。眼精疲労が頭痛や肩こりに繋がることもあるので、こういった症状がある方は要注意です。眼科のクリニックを受診すれば、専門的な検査機器を使って、より詳しくスマホ老眼をチェックすることができます。早期発見すれば、重症になる前に適切な対策を講じられるでしょう。スマホ老眼の検査は眼鏡店でも受けられます。専門家のいる店でチェックを受け、生活習慣の改善に役立ててください。

目の疲れを放置するリスク

婦人

老眼は一般的に40歳を過ぎてから発症するといわれていますが、最近ではスマホの普及によって、さらに若い年齢でも発症する方が増えています。30代の頃は、なかなか老眼に気づきにくいですが、スマートフォンやパソコンを長時間やる習慣のある方や朝起きても目の疲れが取れない方は要注意です。一般的に30cm以内の文字が見にくくなるのが老眼の特徴ですが、日常生活でそのような状況がない方は、気づかないうちに老眼になっているケースがあります。そのため、目が疲れやすいことや、スマホやパソコンを長時間やる習慣のある方は、老眼のチェックをして症状が進行しないように早めの対策が必要です。老眼のチェックは、眼科に行けばやってもらえますが、自宅で手軽に行える方法もあります。例えば、老眼度数チェックシートというものが、インターネットで簡単に手に入るので、印刷して簡単にチェックすることができます。大きさの違う文字を30cm離れたところから見て、読みにくい文字の度数を測ることができるのです。また、インターネット上にある眼科の提唱する行動チェックリストでチェックする方法もあります。なぜ、老眼のチェックが重要なのかというと、眼科の老眼検査で白内障や緑内障などの重大な眼病が見つかることもあるからです。このような病気は自覚症状もなく進行していき、年を取ってかなり進行してから発見される場合が多いです。特に緑内障は失明することもある恐ろしい病気なので、取返しのつかないことにならないためにも、早期発見、早期治療のために老眼のチェックをすることは重要です。

まずは症状の度合いを確認

レディ

目というのは体の部位の中でもとりわけ大切です。なぜなら、状況判断に使う五感の中の最も大きな割合を占める「視覚」を司るからです。周りの状況は、自分の目でしっかり見てこそ正確に判断できます。しかし、そんな大切な目も使えば衰えるもので、老眼になって近くの物が見づらくなってしまうことがあります。いつも読んでいた本がなんか見にくい、そんな症状に気づいたら早速老眼のチェックをしましょう。老眼のチェックでは、そんなに難しいことはしません。大きな病院に行かなくても、自分ですることができます。やることは二つ、症状のセルフチェックと近点の確認です。症状のチェックは、ネット上の老眼チェックシートで行います。各項目に正直に答えましょう。その後は近点を確認します。近点は、物がくっきりと見える最短距離のことです。まず、人差し指を指紋がぼやけて見える位置まで近づけます。その後ゆっくりと遠ざけて行き、指紋がくっきりと見えたところでストップします。その位置を覚えておきましょう。セルフチェックの該当数と近点距離から、総合的に老眼の度合いを判断します。チェックを行って老眼が進んでいると感じたら、対策を取りましょう。自分でチェックすることのメリットは、その日から対策を始められることです。老眼対策で重要なのは、目の疲労をため込まないようにすることです。眼球運動によるマッサージが、効果的な対策の一例です。老眼は、放置するとどんどん症状が進みます。目の機能を維持するためにも、早めに対処することが大事です。

スマホ画面の見すぎに注意

男の人

スマホの画面を毎日何時間も見つめていると、目の筋肉が疲労してピントの調節がうまくできなくなり、スマホ老眼という症状を起こすことがあります。放置すると悪化する可能性があるため、早めにチェックすることが大切です。

もっと読む

徐々に進行する

ウーマン

老眼であるかチェックすることが人気であるのは、日常生活を見直して老眼の進行を抑えることができることと、自宅で簡単にチェックできることです。ただ、その結果で判断するのではなく、医療機関を受診することも大事です。

もっと読む

小さな文字が読めない

男性

加齢と共に目の機能は低下し、老眼になってきます。小さな文字が見え難くなるなどの自覚症状が出たら、自己チェックをしてみましょう。簡単に出来る自己チェックとしては、近点チェック方法が挙げられます。

もっと読む