老眼の悩み改善!医師にチェックしてもらい治療を受けよう

年を取ると見えなくなる

手元が見えなくなったら

女性

自分の手元や、普段読み書きしている活字が見えにくいと感じてきたら老眼の兆しが表れているかもしれません。老眼は年をとってからなるものだと認識されていますが、実際には早い人で30歳台からその兆しが表れている人もいらっしゃいます。職種や元々の視力など、老眼を患う条件は異なりますが手元や近くのものが見にくくなれば老眼の可能性があります。老眼の簡単なチェック方法は遠くを見た時と近くを見た時のものの見え方の差の違いで簡単にチェックできます。チェックして、遠くが普通に見えるのに近くがぼやける場合は老眼の可能性が非常に高いです。このような場合は眼科に行き、きちんとチェックを受ける事をお勧めします。老眼は進行します。眼科でのチェックが早ければ早いほどダメージは軽減出来ます。若い方で重度の症状の場合には眼球手術やレーシック手術などで視力を回復することも可能です。眼球のレンズを削ったりしてピントを合わせれば手元や活字もきちんと見られるようになる場合もございます。手術に関しては眼科できちんとチェックしてもらい、きちんと納得してから受ける事をお勧めします。眼科によっては一定の視力がある場合には老眼の為の手術を行わない場合もあります。眼科は1軒だけではなく、手術を想定するなら数件に通い眼の状態をチェックしてもらうことをお勧めします。老眼は種々しなくても眼鏡の種類を変更するだけで症状を和らげることも出来ます。遠近両用タイプの眼鏡を使用すれば症状は軽減できます。

近くが見えにくくなったら

女の人

老眼とは、近くを見るときにピントが合わないなどの症状のことで、主に40代頃から発症します。しかしスマホやパソコンばかり使用している現代では、どの世代でも起こり得ます。スマホを長時間使用し続けることで眼に負担がかかり、20代〜30代でも老眼の症状を発症するいわゆるスマホ老眼が増えているからです。では早速老眼かどうかをチェックしてみましょう。指先の指紋側を顔に向け顔の正面におき、ゆっくり指を遠ざけます。指紋がはっきりと見えたらストップし、距離を測ります。この指と顔の距離が30センチを超えているなら近くのものが見えにくい、つまり老眼の症状ということになります。他にも「パ」「バ」などの文字の判別が付きにくくなってきていたり、夕方になると良く見えなったりするなどの症状も老眼のサインです。最近ではアプリで簡単にチェックもできるようです。また、眼鏡専門店などのサイトにも老眼のチェックリストが多数あります。老眼の症状が出たら、まずは眼のストレッチなどで改善しましょう。指先を見つめ3秒数え、次に3メートル程先にある対象物にピントを合わせ3秒数えます。これを交互に10回行います。これが目のストレッチになり、予防や改善に繋がります。スマホ老眼の場合は、まずはとにかく眼を休めましょう。こまめに眼の疲労を取り除くことが大切です。まずは自分が老眼かどうかきちんとチェックし、しっかりと対策をしていくことが大切です。眼科などの専門家に相談し、早めの対策を取りましょう。

ヘビーユーザーは要注意

男の人

暮らしに欠かせないパーソナルアイテムとなったスマホも、1日の使用時間が長ければ、眼に悪い影響が出ると口コミでも広がりを見せています。その1つには、スマホのヘビーユーザーに発症例が多いスマホ老眼と言われるものがあり、子供や20代など、本来老眼とは無縁の若年層で増加しているのが特徴です。口コミでも注目されるスマホ老眼のチェック項目には、微細な文字はある程度目元から離さないと読めない場合や、明るさが足りない場所では物が見えづらい場合のほか、かすみ目を覚えることなども挙げられています。さらにソーシャルメディアのチェックを含め、仕事やゲームなどで5時間より多く、スマホを連日使用している場合も要注意です。そのほか、背中を丸めてスマホを使うことが多い場合や、空を見上げるように顔を上向きにすると首筋に痛みが走るか否かもチェック項目になります。また、午前中や昼間は大丈夫でも、夕方になり始めると老眼症状が出るなど、これもスマホ老眼の特色です。老眼は中年になってから発症するものといった常識は、今やスマホを多用する場合には当てはまりませんので気をつけましょう。そして、合致するチェック項目が多いほどスマホ老眼になっている確率が高いため、もしもその際はスマホの使用を適度に抑えることや、眼精疲労に効くと評判のサプリなどで眼をケアするのが大切です。既にその症状を自覚しておられるなら、早めに眼科で診察を受けることもおすすめします。

スマホ画面の見すぎに注意

男の人

スマホの画面を毎日何時間も見つめていると、目の筋肉が疲労してピントの調節がうまくできなくなり、スマホ老眼という症状を起こすことがあります。放置すると悪化する可能性があるため、早めにチェックすることが大切です。

もっと読む

徐々に進行する

ウーマン

老眼であるかチェックすることが人気であるのは、日常生活を見直して老眼の進行を抑えることができることと、自宅で簡単にチェックできることです。ただ、その結果で判断するのではなく、医療機関を受診することも大事です。

もっと読む

小さな文字が読めない

男性

加齢と共に目の機能は低下し、老眼になってきます。小さな文字が見え難くなるなどの自覚症状が出たら、自己チェックをしてみましょう。簡単に出来る自己チェックとしては、近点チェック方法が挙げられます。

もっと読む